×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ワーキングホリデー(ワーホリ)・オーストラリア情報サイト

オーストラリア・ワーキングホリデー トップ > ワーキングホリデー生活日記 > 2月後半
 

2005/02/18 (Fri)
今日はいよいよ人生3回目の海外生活スタート。
3度目ってのが多すぎる気もするが、まぁ、そんな野暮な事は置いといて。。。

まずは9時半に起床し、一路成田空港へ。道路を眺めながら次はいつ見るのだろうとセンチメンタルになりつつタバコを一服。。。ぷか〜。。。

が、オーストラリアではタバコが高い事を思い出しあっさりと現実に引き戻される。

なお、今回のルートは安価なチケットを購入した為、成田(13:55)→ソウル(16:25)→シドニー(8:00)の予定。
以前にカナダに行った時以上に時間がかかるはご愛嬌。

ま。それはさておき、飛行機はほぼ定刻に出発。途中、ソウルのインチョン空港で3時間ほど待機し、その後オーストラリアは Sydney へ。この便って結構日本人が多く、所々で日本語が聞こえ何だか不思議な感じ。



<成田-インチョン行きの大韓航空のボーイング>


<インチョン空港の様子>

韓国からオーストラリア行きの便で近くに座っていた中国人の子と話をすると、その子は Sydney の大学院に行くらしいが、数日間の滞在先以外は、住む家が決まっていないとの事。むぅ〜・・・。こちらと同じ。
ビバ同士。とりあえず「スマイル」と連呼で伝えておき、そのうち会う約束をして別れる。


<Sydney 上陸直前>

追伸:
大韓航空の機内食で韓国料理を出してくれた。ビビンバナイス!

2005/02/19 (Sat)
オーストラリア ワーキングホリデー生活:1日目

飛行機は現地時間(日本との時差は2時間)の19日8時に無事到着。
いよいよ海外生活スタート!!

入国後は何処の国でも同じかと思うが、イミグレ→荷物回収→荷物チェックの順。
イミグレへ行った際にはいつも通り、

「今回の目的は?」&「滞在期間は?」

などと聞かれると思っていたので、「ほりで〜」と言うつもりだったのに、何も聞かれずいきなりスタンプを貰う。。。なんだか拍子抜け。。。まぁ、強いて言うなら、後日CITYに行ってシールのビザ貰うようにとのこと。
(Central駅近くのDIMIAって所に行けばOK。)

その後は荷物を回収、荷物チェックをパスしいよいよ Sydney へ!
「Welcome to Sydney」の文字が出迎えてくれる。こ〜いうのを見ると、「来た来た〜」って感じになる。


<ゲートを抜けた後のWelcome to Sydney の旗>

して、無事に着いて外へ出ると・・・


暑い!


南半球で気温が逆転しているとはいえ、暑い!
長袖じゃ耐えられん。周りに人はいたが気にせず服を脱ぎだしさっそくTシャツへチェンジ。


<オーストラリア祝第一歩>

モーテルのチェックインは13時からだったので適当に空港でぶらぶらしてから、タクシーでモーテルへ。
途中でタクシーの運ちゃんがダウンタウンへの道を見ていたのが微妙と思いつつ、無事モーテルへ到着。
(空港からダウンタウンまでは$30)

今回は、直前に Sydney のモーテルに5日間だけ予約をして後は、事前準備なしでチケットだけ握り締めて入国。
なので、右も左も分からぬままついてそうそう観光無しで家探し。。。


やっぱり無謀だったか!?


などといきなり思いつつも、このまま行くと5日後にはめでたくホームレスの仲間入り。それはまずいので、まずはインターネットカフェの場所をモーテルのおっちゃんに聞くと運良く裏手に韓国インターネットカフェが。韓国人すごいぞ。カナダでもあったけど、オーストラリアでもあるみたい。しかも日本語にもばっちり対応でIMEまではいってる。。。

韓国マンセー(「万歳」の意)。

後はGoogleで「Real Estate Australia」のキーワードで検索っと。。。
ヒットしたサイトを見ると、でるわでるわ物件の山。これなら電話してちょろいもんだと思っていたり。
(まぁ、これが後で災いの元に。。。)

物件リストをインターネットカフェで印刷し、近くの公衆電話へ。近いうちに携帯電話買わないと不便でしょうがないや。。
しかし、さっそく電話してみるも、あっさりと「埋まった」との返事。。。ガッデム。。
電話した不動産屋へ別のStudio(1ルーム)はあるか尋ねると全部無いとの事。。。(ホントに?)

そうこうしているうちに15時過ぎになっていた為、今日はダウンタウンを徘徊し、不動産屋があるか探索する事に。ダウンタウンを汗だくになりながら徘徊する事約30分。。。ついに発見!

家を売っている不動産屋が。。。物件は$300.000ぐらいから。買えるか。


しかも店には3階なのにセキュリティロックで中に入れないという頑丈さ。

ま・・・まぁ、レンタル物件もあるかもしれんと思い、まずはインターホンを押してみる。。。

ピー。。。
しばらく待つ・・・。。。

インターホンの向こうから外人(あ。今は自分が外人か。。。)の声が。

「物件の事で聞きたいんだけど。」
「なに?」
「・・・Studioを探してるんだけどある?」
「$270のならあるよ」
「他に安い物件は?」
「(あっさりと) これで全部。」
「(はい?)・・・それがもってる物件の全部なの?」
「そう。」
「・・・さんきゅう」

何故かずっとインターホン越しに会話をしているんだが・・・。


コラコラ。顔ぐらい出しなさい。


あっさりと通算2戦2敗。しかも相手の顔すら見れない、1ラウンドKO負け。


めげずに、もう少し安い物件があるか探す為、しかたないので、再度インターネットカフェへ。。。再度チェックをし、複数の物件をリストアップ。さっそく1件ダウンタウンから少し離れた所へ電話。話を聞いてみるとまだ空いているとの事でさっそく明日12時に下見に行かせて貰う約束をする。

今日はそんなこんなで観光なしでバタバタしっぱなしの1日。。。こういうスタートをする人は他にはなかなかいないかなと我ながらに思ふ。

モーテルに帰ってからはシャワーを浴びて爆睡モードへ。。。zzz

2005/02/20 (Sun)
オーストラリア ワーキングホリデー生活:2日目

今日は12時から物件を見るアポを取っていたので午前中に起床。
オーストラリアに来る直前もバタバタしていたので、まだ疲れが取れていない模様。。。眠みぃ・・・。

今回の物件はダウンタウンから5駅ほど行ったところにある Macdonaldtown駅から徒歩で行ける距離だったので、モーテル近くの Museum 駅からレッツラゴー!




あ。やべ。電車の方向間違えた。。




ま・・・まぁ、遠回りだけど一応行ける様なのでとりあえずそのまま乗ってみる。行き先のアナウンスを聞いていると・・・手前の駅までは行くが、何故かその先はかなり先の駅に停車する模様。。。急行みたいなのがあるのか?とかこの路線が違うのか?とか考えてみたがわからんので、とりあえず行けるRedfern駅まで行ってみる事に。

Redfern駅に到着。ふと周りを見ると、「Macdonaldtown駅以降はバスに切り替わった」との看板が。。。

コラコラ。面白すぎるぞ。

電車がバスに置き換わるって・・・あるんか?いいんか?などと思いつつ、しゃ〜ないので徒歩で歩いてみる。。。


テクテク。。
テクテクテク。。。
テクテクテクテク。。。。

 

郊外の一駅先は遠かった・・・。

 

なんだか20分〜30分ぐらいかかって無事目的地へ到着。(この時点で既に遅刻)
オーナーに電話してみると、怒りもせず今から見せてくれると言って部屋まで案内してくれる。今回の物件は$250で水道代は入っているとの事。結構広く、スーパーなども近くにあり割と便利そうな感じ。また、共同プールもついており(日本じゃ考えられん)、なかなかいい感じ。後はダウンタウンまでの距離か。

帰りはダウンタウンまでの距離を測ってみる為に、行きとは違いダウンタウンまでバスに乗ってみる事に。こっちって乗る時に行き先を伝える必要があるみたいで、「ダウンタウンまで」と運転手に伝え、言われた料金を支払う。ダウンタウンには15分程度で到着。まぁ、そんなに遠くない距離かな。

他にも電話した物件があったけど、今日は日曜日の為すべてお休み・・・。
しゃ〜ないので明日かけることに。。。

家探しが今日はできないので、近くのVodafoneショップへ行き、「住所が無いけど携帯を買う事ってできる?」と聞いてみると、プリペイド式なら問題ないとの事。こっちでは結構流行ってるみたい。てな事でさっそく購入($129)

携帯げっとぉ〜(゚∀゚)!


<$30分の通話料込みの携帯>

これで公衆電話を探さなくても平気になったので明日からの家探しが楽になった。。。ふぅ。

後は、今日は疲れていたのでダウンタウンの酒屋でオーストラリアビールを購入し、モーテルへ撤収。
疲れた疲れた・・・。また、明日から家探しがんばるべ〜。

2005/02/21 (Mon)
オーストラリア ワーキングホリデー生活:3日目

今日は疲れのせいか、気づいてみれば11時過ぎ。。。
ま。気を取り直してモーテルから昨日リストアップした物件へまとめて電話。

というか、日本の不動産屋と違って、決まった日にしか物件を見せてくれず、どれも、「Callバックする」だの「今週の土曜日に」というお茶目な返答ばかり。。。「ちゃんと働け!」と思いつついくつかアポを入れる。
その中の一つが、ダウンタウンど真ん中の King St. にある Studio ($250/pw) が13時から見れるとの事でさっそくモーテルを出発。

ダウンタウンの南側から北側までは予想以上に遠く 30分ほど歩く。。。ぜぇぜぇ。。。
して。たどり着いてみると、そこにはオーストラリア人の様な方が1名、韓国人っぽい方が2名ほど。
家探ししているライバル多し・・・と思いつつ、6階のアパートへ。ここはエレベーターもなく、かなり古い感じのする物件で、まぁ、$250/pw でダウンタウンのど真ん中だとこんな感じかと思いつつも、部屋が汚れていたので早々に撤収。


<ブティックの上の物件 $250>

電話した他の物件は全て「Callバックする」とか留守電になったものばかりだったので、ひとまず情報源のインターネットカフェへ。

いくつか物件を探しながら、再度メール&メモを取る。。。と、送った早々電話が!<携帯万歳
「物件を見たいってメールしました?よければ今夜の17時ならどうですか?」との事。

17時が「今夜」ってのがある意味凄いと思いつつ、「行きます!!」と返事。なんだか次第に順調になってきていると思う今日この頃。やっぱり慣れか?

今度の場所は Dwyer St. 沿いで、ダウンタウンよりも南、Central駅近くの物件。

また歩くんかい・・・。。。

最近ダウンタウンを北から南へ、南から北へ何度も往復している気が・・・。
またまた歩くこと30分程。物件発見。ここは警察の横で割かし安全そうな感じ。
(物件は路地入ったところで夜は微妙だが。)
しばらくまってみると、オーストラリア人っぽい人1名、中国人が2名。。。やはりライバル多し!


<Dwyer St. の物件>

して中を見学。部屋は・・・8畳位の広さだけど・・・暑い・・・暑いぞぉ〜。。。

と周りを見るとエアコンが無い。。。〆
暑いオーストラリアでもエアコンが無いところってあるんだなぁ〜・・・と思いつつ、
最後にちょっとエージェントの人と話し、やはり撤収。$280でまずまずだったんだが・・・。残念。

ダウンタウンの帰り際にメモった何件かの物件へ電話してみる。。。
ダウンタウンの物件($300/pw)が空いていて明日なら見せてくれるとの事。
さっそく明日の13時にアポゲット。

アポはゲットしたものの他には無いので、再度ダウンタウンのインターネットカフェへ戻る。
(しかし、Callバック案件が一向にかかってこないのは、この辺がオージーな感じなのだろうか。。。
気長に待つか。。。)

今度は Darlinghurst というダウンタウンからちょっと南西へ歩いた所にある物件を重点的にチェックし、
何件かをリストアップ。また明日電話してみよう。

そんなこんなで時刻はすでに19時過ぎ。。。
マック買ってモーテルへ撤収。。。
明日ぐらいで家が見つかるといいんだけどなぁ〜。

2005/02/22 (Tue)
オーストラリア ワーキングホリデー生活:4日目

滞在4日目。未だ住む場所なし。

そろそろ決まるんでは?と思いつつ、朝から相変わらず不動産の物件へ電話。
するとモーテル近くの物件が 11時から見れるとの返答。場所は Darlinghurst という所で、「地球の歩き方」によるとゲイが多く住むとの事。。。

ま、関係ないっしょ。ハイ。レッツラゴー!
(その間に昨日アポを取った不動産屋から13時から14時へ変更してくれとの電話あり。ま。いいべ。)

出発後、モーテルから徒歩15分ほどで到着。住宅街といったところか。近くには Oxford St. という通りがあり、ここは飲み屋やらレストランが多くいい感じ。

しばし待っていると、中国人らしきカップルも現れる。


やはりライバル多し!!(((( ;゜Д゜)))!



で、さらに待っていると昨日の King St. の物件にきたエージェント(Victorさん)が現れる。。。同じかい!と思いつつ部屋の中へ。今回の物件は Furnished (家具ありの意味)だったので中を見てみると、テレビ、シングルベッドが2つ、冷蔵庫などなど生活に必要なものは一通り揃っている様子。しかも眺め、日当たりも良くかなり好印象。ただし、学生でもなく、仕事も無く、しかも住所もモーテルでは借りるのに銀行の残高証明が必要との事。一応、ダウンタウンの Pitt stの物件($280/pw)も見てみたかったので保留とし、一旦 National銀行へ。

14時までは若干時間があったので、WorldCashを作ったCitibankへ行き残高の証明書を発行してくれるか聞いた所、あっさりと「日本の支店へ確認して下さい」との事。コラ・・・冷たいぞ。

しかも、日本の通貨表記の残高のくせにATMで照会すると「$」マークが付いている。わかりにくぞこれ。
(100万円だったら、$1,000,000 となっていて一瞬残高が増えた錯覚に見舞われる。っ〜か実際間違えた。)

その後は、HydePark 近くの National銀行へ行き、「住所が無いんだけど、銀行口座を開設する事はできますか?」と聞いた所、「大丈夫だよ。14時に来てくれればマネージャが対応してくれる」との返事。

ビバNational。

が。14時からはPitt Stの物件のアポがあったので15時に変更し、いざ Pitt Stの物件へ。中を見て広いな〜と思ったのも束の間、この物件エアコンが無いぞ・・・。。。さすがにこれは厳しいので、ひとまず退散。

物件を見終わった際に、今日の午前中に見た物件にエアコンが付いていたか確認する為に不動産屋へ再度電話をしてみる。

「あの物件ってエアコンついてましたっけ?」

「あ〜・・・あれならもう借り手が見つかったよ。」との返事。
よくよく聞いてみると、午前中に見た人との事。。。

しまった・・・奴らか・・・。

ナイス物件を逃した・・・。。。躊躇したのが命取りだったか。。。

悔やんでもしかたないので、意気消沈のまま15時にアポを取った National 銀行へ。。。
そこで対応してくれた人は凄い親切な人で冗談まじりに色々と説明してくれる。ナイスオージー。
銀行の横のATMでCitibankカードを使用して数千ドル引き落とし、かつ日本から持ってきたトラベラーズチェックをまとめて換金し、National銀行に預金&残高証明を発行してもらう。う〜ん。親切。しかし、その時点で17時近かったので今日の家探しは打ち止め。


しかも、ナイスな家を失ったのでPUBにいってがっつり酒を飲む。。。しまいには帰り際に酒を買ってさらにモーテルで飲む。。。

一旦モーテルへ戻った後、帰り際にインターネットカフェに寄って久々にメールをチェックしてみると元同僚の方から Sydney から1000kmほど南へ行った Melbourneで仕事をしてみないかとのお誘いアリ。これも何かの縁なので早速電話。聞いてみると以前やっていた仕事と似た業務があり日本語の話せるエンジニアを募集しているとの事。仕事を貰えるのであれば Melbourne へ引越ししますと伝え、明日の9時以降に再度電話する事になり、今日は一旦保留。

しかし、Sydney に着てからまだ4日目。いきなり引越しか?ま、それもいいか。
とりあえず、仕事の話が無くなった時の為家探しは継続する予定。

2005/02/23 (Wed)
オーストラリア ワーキングホリデー生活:5日目

今日は、DIMIA(ワーホリのシールビザを貰う所)に寄るべく朝8時に起床。眠い・・・。
やっぱり冷房が無いせいか疲れが取れん・・・。

行く前にまずは不動産屋へ電話をしてみる。。。
と。9時から物件が見れるとの事。って事でさっそくレッツラゴー。
今回の物件は、Oxford St. 近くにあり、ダウンタウンから徒歩15分ほど。立地は問題ないけどエアコンが付いていないってのがネック。ついでに言うとゲイの方の街でもある。(別に差別している訳ではない。)

9時に到着。マンションの部屋まで案内される。ふと隣のドアを見ると。。。


金の竜(しかも特大)がドアに掛けられてる。。。


なんですか?この危ない雰囲気がぷんぷん漂うドアは?


既に退きぎみな状態で、とりあず中を拝見。。。。

暑い・・・。蒸してる・・・。やっぱりエアコン無しはキツイ。。。汗

不動産屋の人とある程度話をし、早々に撤収。その後は当初の予定通りDIMIAに行こうと思ったがまだ若干時間があったので、先日購入した プリペイド式の携帯(Vodafone)のリチャージをする為一先ずダウンタウンのVodafoneショップへ。今回は$49を払うMaxiCapというオプションを利用。($49払うと1ヶ月で$200分の通話が可能。ただし、有効期間は1ヶ月。)

リチャージ後、DIMIAは水曜は13時半までやっているのでまだ時間があり、しかも朝飯を食べていなかったので腹減り状態。てな事で一旦スターバックスへ。して、オーストラリアに来てからアイスコーヒーを頼んでみるも、毎回ラテに近いまたはクリームがのっているものが出てくる。今回は「アイスコーヒーってある?」と聞いてみるもあっさり「無い」との事。なぜに!?

スターバックスで優雅な?朝食後は今度こそDIMIAへ向かう。が、ちょうど11時過ぎ(日本では9時過ぎ)になったので元同僚の方へ電話。(DIMIAは重要なのにどんどん後回し)。電話でワーホリのビザや現状を説明したところ、その旨を再度マネージャと相談してくれるとの事。。。さてはてどうなるやら。

電話後はいざDIMIAへ。DIMIAは26 Lee St にあり、Central駅の近く。いざビルの中へ入ってみるといるわいるわアジア人。皆なにかを待っている模様。うへ〜これを待つのか〜と思って整理券を取って待っていると何故か5分ぐらいで自分の順番に。なんで?まぁ、早く呼ばれるに越したことは無いのでカウンターに行き、パスポートを提示したところ、あっさりとシールビザゲット。意外と簡単。思わず、「え?これだけ?」と聞いたらにんまりと「そうだよ。」との返事。ふむぅ。


<26 Lee St. のDIMIAオフィス>

あっさりとシールビザをゲットでき、次の物件の下見が13時からだったのでひとまず情報基地であるインターネットカフェへ。またまた何件か物件をピックアップ。。。(そろそろリストアップした物件が50件超えるけど、いつになったら家を見つけられるのだろう。。。)

ピックアップ後、再度コーヒーショップへ行き、何件かの物件へ電話をしていると Oxford Tower ($250)を今日見せてくれるとの返事で17時にCallbackするようにとの事。さっそく予約を入れる。

その後、会社の元同僚から電話があり早急に履歴書を送ってほしいとの連絡アリ。オーストラリアにはUSBメモリーに入れて英文履歴書を持ってきていたので一旦モーテルへUSBメモリーを取りに帰り、その後近くのインターネットカフェから履歴書送信。さて。これを見たマネージャはどう言うやら。

その後は17時過ぎに Oxford Towerの物件へ。不動産屋は中国系の人でよくしゃべる感じ。物件自体は、、、中の下?ぐらい。屋上にプールが付いているのがナイスな感じ。(しかしメルボルン案件があったので今回は辞退する予定)

物件を見終わった後は、Oxford St のPUBへ夕食&軽い飲みへ。ここはシドニーでも有数のゲイの街。いるわいるわゲイの方。飲み屋で男性同士のカップルがわらわらと。結構楽しんだ。


<Oxford Stにて吉野家発見>

その後は無事モーテルに帰り今日の日記を書いてましたとさ。

2005/02/24 (Thu)
オーストラリア ワーキングホリデー生活:6日目

滞在5日目。やっぱり家なし。
して気づいてみれば結構な時刻。今日は13時半に物件を見る約束がある以外はフリーだったので、モーテル出発後にいつもの情報基地であるインターネットカフェへ。今日から、Sydney のダウンタウンから北へ1駅行った所にある North Sydney の地域まで視野に入れここで1時間半程物件を探す。

今回の物件はモーテルから近かったので、13時過ぎにインターネットカフェを出発。しかし、今日の物件エアコン付いてないからあまり期待してないんだよなぁ〜・・・などと思いつつ到着。

しばらく待つと(こっちの人は中々時間通りに来てくれない)、ソアラが「ガコガコッ!」と縁石に乗り上げて不動産屋登場。車がもったいないぞ。。。

家はというと。。。う〜ん。。。ちょっと古びた感じ。。。($260)中に入ると、部屋は割かし広かったが、日当たりが悪く日中でも電気をつけないと結構薄暗い。。。帰るか。。。
(なんだか、次第に下見慣れしてきているようで5分程度見たら十分になってきた。)



<物件近くの Hyde Park 公園にて>

う〜ん。やる事が無くなってしまった。。。しゃ〜ないのでクーラーの効いたマックでBigOZ Mealセットなるものをムシャムシャ食べながら作戦を練る。。。


眠くなってきた・・・。zzZ


マックはがんがんエアコン効いてるし、やっぱりエアコンのある部屋がいいなぁ〜・・・。などと思いつつ、横を見るとメトロモノレールが走っている。。。今日の午後は電話以外にやる事無いし乗ってみるか。

と。言うわけで近くの駅へ。

市内を走っているモノレールは焼く10分程度で一周する。乗り方は$4支払うとトークンという名のコインが出てくるのでそれを改札に入れるだけ。いたって簡単。


<トークン売り場 $4>


<モノレール>

10分ほど待つと、来た来たモノレール。なんだか本当に遊園地の乗り物みたい。観光客にも人気があるらしい。実際3週ぐらいしたけど、同じく何週かしている人達がいた。モノレールは Darling Harbor などを周りダウンタウンへ。海の近くを走っているとやっと Sydney に来たって感じ。ナイス。

モノレールを降りた後はやっぱりいつも通りインターネットカフェへ。North Sydney の物件を重点的にピックアップ。ついでにメールをチェックすると同僚の方からマネージャは英文履歴書を見てポジティブになっているとの連絡。後の問題はVISAのステータス。(ワーホリなのでワークに切り替えないと3ヶ月までしか働けない)。ワークビザに切り替えられるかは、会社次第なのでとりあえず連絡を待つしかない。

後は帰り際に明日からの戦意を復活させる為に酒屋へレッツゴー。
最近またしてもよく飲んでる気が・・・。ま。いっか。

酒屋では店のおじさんに「どれがオーストラリアで有名なビールですか?」と聞いた所、「ベストなやつ?ポピュラーなやつ?」と聞かれ、「ベストなやつ」と伝えるといくつか説明してくれたので1本づつ購入。


<左から TOOHEYS NEW, VICTORIA BITTER, LITTLE CREATURES, JAMES SQUIRE, COOPERS>
(VBは安いからポピュラーらしい。)

2005/02/25 (Fri)
オーストラリア ワーキングホリデー生活:7日目

ついに日本を発ってから1週間になるが、

家が無い。(・∀・)

と、言っても仕事を貰えるかもしれないのであまり躍起になって探すこともできず何だか宙ぶらりんな感じでここ数日が過ぎていった。。。まぁ、こんな生活もありか。

今日も泊まっているモーテルが蒸し暑く熟睡できず、起きては寝ての繰り返しをし、昼前に起床。やっぱりエアコン無いのは辛いって。オージーはどうしているんだろう???

今日は13時から North Sydney の物件を見るアポを入れていたので、インターネットカフェでメールチェック後、Central 駅からいざレッツラゴー。

せっかくなので駅にて記念撮影。パシャリ(下の写真)。すると横にいたおばちゃんから話しかけられる。

「この携帯の蓋開けてくれる?」
「ハイ?」
「水が入ったため壊れたので、拭きたいのよ。」

(・・・無言)

「これって拭いたら直る?」
「いや〜それはどうだろう?一応、店の人に聞いてみた方がいいと思いますよ。」
(いや、無理だろ by 心の声)

などと会話をする。。。とりあえず、蓋は開けてあげるが、そもそもいけるものなのか???はてさて。


<Central 駅にて>

今日の物件は North Sydney 駅を降りて Blues Point Rd.を下った先。($280) さすが治安が良いと言われる場所だけあってか町並みが結構綺麗。ただし、今日の物件もエアコンなし・・・。若干遅刻して到着するとサングラスかけたオージーが待っていた。こっちが遅刻したときは何故か先にいるんだよなぁ。。。オージーとは挨拶も程ほどにさっそく物件をチェック。


やっぱり暑い。


部屋の中に入っただけで汗かいてきた。。。

不動産屋の人によれば、「今日は暑いからしょうがない」との事。そんなもんなのか???違くね?

その後は物件のアポも無かったので、一先ず North Sydney の周りと Milsons Point の周りを探索することに。しばし歩いてみるが、やっぱり全体的にいい感じ。ここの方がダウンタウンに住むより快適っぽい。景色もいい感じなので写真を撮りまくる。


<North Sydney の公園にて>



<North Sydney の公園にて2>

公園で休憩後は North Sydney から Milsons Point 経由で Kirribilli まで歩く。暑ぃ〜〜〜。。。
しかし何処も街並みはいい感じ。やっぱり海の近くがシドニーって感じがする。

Kirribilli を回った後、Sydney Harbor Bridge の突端へ。ここに来て初めて Sydney の象徴でもあるオペラハウスが間近に!と。言うことでパシャリと写真を撮る。


<対岸のMilsons Point からのオペラハウス>

その後は Milsons Point 駅から Wynyard 駅まで戻り(端を越えたすぐの駅) オペラハウスにて軽い食事を取る。っ〜か高いぞこの辺。具なしのホットドッグが$4、サンドイッチが$5。観光地のせいか。。。

食事後はモーテルに撤収するため、近くの Circular Quay 駅から Museum 駅までのチケットを購入。ここのチケット売り場は行き先のボタンがアルファベット順で全部並んであり膨大なボタンの数。。。その為、券売機が自販機なみに大きい。日本みたいにタッチパネルから選べた方が楽な気がするが・・・。


<Circular Quay 駅のボタンの多いチケット売り場>

Museum 駅に戻った後はいつも通りインターネットカフェへ。North Sydney 周辺の物件をリストアップし今日は撤収。帰り際に韓国の雑貨やへ食料を買い込みに。ふと掲示板をみると$290にて貸し出し中の広告発見。さっそく電話。

プルルルルルルル・・・。誰も出ない。まぁ、明日にでも掛けるかと思っていると向こうから電話が。

「この番号に誰かが電話したみたいだけど?」との事。聞いてみるとまだ物件は空いているとの事だったのでとりあえず、日曜日の10時にアポゲット。しかし、仕事の話もあるためすぐには決められない。。。

早いところ仕事の情報がわかるといいんだけどなぁ。。。

2005/02/26 (Sat)
オーストラリア ワーキングホリデー生活:8日目

ついに Sydney に来て1週間。未だ家が定まらない・・・。うむぅ。。。
ただし、観光はあまりしてないけど、地理や物件の相場はかなり頭に入ってきてる感じ。

さて。今日は午前中に2件、しかもどちらも確実に綺麗なマンションの下見があり、9時過ぎに起床。行く前にインターネットにてメール&物件チェックをすると、今日新たに掲載された物件を発見。しかも、Milsons Point で下見は今日の12時。これは行くっきゃない!!という事でさっそくアポの予約。そうこうしているうちに1件目の下見の時間になったので今日もメゲズニレッツラゴー。

1件目は $280/pw でダウンタウンの Castlereagh St. 沿いにある物件。10時半からの下見で5分前に到着。ライバルめちゃめちゃ多し・・・。やっぱりダウンタウン&綺麗なビルだとえらい人気があるなぁ。。。

不動産屋も時間にぴったり到着。珍しい事もあるもんだ。
中に入ってみると・・・設備は凄く綺麗。。。しかし、中が若干狭い。。。う〜ん、こんなものかと思いつつ、念のためアプリケーションフォームを貰って撤収。


<Castlereagh St の物件 $280>

立て続けに11時から今度は Elizabeth St. の物件へ($300/pw)。先ほどの物件よりも若干ダウンタウンより。今回も約束の時間に不動産屋登場。部屋に入ってみるとやはり前回同様、部屋がめちゃめちゃ綺麗。しかも今回のは前の物件よりさらに部屋が広い。。。

が、何故かバルコニーが部屋よりも広い。。。

なんでだ?

一応こちらもアプリケーションフォームをゲットして一旦撤収。うむぅ。。。Melbourne の案件が無ければ今日にでも決めたい物件だ・・・。しかし、仕事はホシイ・・・。


<Elizabeth St. の物件 $300>

下見が終わった後は、12時からの物件に向けて、Central 駅から Milsons Point 駅までレッツラゴー。個人的にはダウンタウンよりこっち側に住みたいと思う今日この頃。。。やっぱり眺めいいし。

12時ジャストに駅到着。駅の前ではフリーマーケットのようなものが開催されていた。やっぱりこっちはのどかそうでいいなぁ〜・・・。


<Milsons Point 駅>


<駅前のフリーマーケット>

時間に遅れたので急いで物件を探すも、幸い不動産屋も遅れており12時半に合流。ナイスオージー。
今回は、Milsons Point という事も有り、期待大でいざ中へ!

入り口はホテルのフロントの様な感じでいい雰囲気。そして部屋は。。。若干狭いがそれでも湾内が見える景色と綺麗な部屋。ついでに、プールとジムも見せてもらう。プールにいたっては柱が回りに立っていて、なんだかめちゃめちゃ豪華。ここいいぞ!と、思いつつも Melbourne 案件があったので泣く泣くアプリケーションフォームだけ貰って撤収。ぐぉ〜。今日の物件はどれもいいぞ〜〜〜〜!!決めたい!!


< $280の物件を正面から>


<横から。ニューヨークの有名なビルみたい>

今日はどの物件も良かったが13時過ぎには今日の予定終了。そうそう。Sydney では1年に1度、ゲイの祭りがあるらしく、この前不動産屋から聞いた話だと今日やるらしい。(毎年2月の最終土曜日か3月の最初の土曜日)

これは見るしか無い!という事で、ゲイの街、Oxford St. へ。ふと周りを見ると土曜日のせいかなんだか、それらしき方がポツポツと。でも、パレードなどはやってないみたい・・・。夕方からなのかなぁ???などと思いつつ遅い昼食をピザ屋にて取る。

ピザをモグモグ食べていると店のお姉ちゃんから話しかけられる。

「面白い人多いでしょ?」
「だね。ところで、パレードはいつやるの?」
「パレードは来週だよ。」


不動産屋さん情報違ってますよ〜・・・。アウチ。


まぁ、また来週来ればいいかと思いつつ、一旦撤収。帰り際にインターネットカフェ&韓国雑貨屋に行き食料を調達し、今日は早々とモーテルへ撤収。

あ。そうそう。モーテルをさらに3日間ほど延長しておいた。っ〜か、いつ安住できるんだ???

2005/02/27 (Sun)
オーストラリア ワーキングホリデー生活:9日目

今日は日曜日。大抵の不動産屋は休みの為、雑貨屋の掲示板で見つけたアポ1件のみ。

起床後、まずはいつもの情報源であるインターネットカフェへ。店の人も「こいつはいつも何してるんだろう?」とか思っているのかな・・・と思いつつも気にせず家チェック。今日はさすがに更新が無いようで、とりあえず1〜2件ほど新規にリストアップし、アポの時間までまだ余裕があったのでコーヒーショップへ。

最近リストアップした物件にあまり電話していないかったので、日曜と言う事は置いといて、ここぞとばかりに掛けまくる。

プルルルルルル・・・。

「ハイ。○○です。」
「××通りにある物件ってまだ空いてますか?」
「あ〜。今日は働いてないから明日から掛けてくれる?」

・・・。
・・・・・・。

直球?。。。



ま・・・まぁ、ここら辺がオージーっぽいかなと思いつつ、一通り物件へ電話し、アポの時間になったので Pitt St.沿いの物件へ($290)。今回もここは高層マンションで綺麗な事間違いなし。期待大で突入。

今回は、オーナーチェンジみたいな感じなので、到着後電話をすると玄関まで出迎えに来てくれる。親切そうな中国系のおばちゃんだ。ホール(玄関)もエレベータも綺麗。通路もいい感じ。

こいつぁ期待ができる!さぁ!いざ部屋の中へ!。。。



部屋にはおばちゃん以外にも数名の外人が。



ルームシェア?(((( ;゜Д゜)))



物件の電話をした時に、「Whole room or sharing?」と聞いたら「Whole room」と返事があり、たしかに自分専用の部屋とバス・トイレはある。。。が!。。。ルームシェアだったか。。。質問を間違えた。。。

おばちゃんは日本人にレンタルしたいらしく、親切にも色々説明をしてくれたり、$280でも良いと言ってくれたのだが、断りを入れ撤収。すまん。おばちゃん。。。こちらの質問が悪かった・・・。英語ってば難しい・・・。


- 本日の物件チェックもあっさり終了 -


今日の予定が特に無くなったので、気分を変えて Sydney 観光へ!
我ながら、観光なんかしちゃってるあたりが、とても住む家が無いとは思えない。。。アホですか?



いざレッツラゴー!(・∀・)



回ったルートはほぼ「地球の歩き方」に載ってるダウンタウンのリスト順。

ルート:
Town Hall → St Andrew's Cathedral (セントアンドリュース大聖堂) → Queen Victoria Building → Pitt St. Mall → Hyde Park → Parliament House of NSW (州議事堂) → Sydney Hospital → St Mary's cathedral

まずは、スタート地点の George St. にある Town Hall をパシャリ。(ギャラリー参照)
続いてその隣にある、St Andrew's Cathedral へ。概観の写真と、中に入ってさくっと写真を撮って撤収。
やっぱり教会系って中に入って写真を撮るのはなんだか気まずいなぁ。。。


<St Andrew's Cathedral>

次は、George St. を北に行くと、すぐに「地球の歩き方」に書いてるたまねぎ型の建物が目の前に出てくる。ここでも写真をパシャリ。


<たまねぎ頭の Queen Victoria Building>

このまま George St. を北に、もう1ブロック行き、Market St. で右折すると、Pitt St. Mall へ到着。なんか渋谷のセンター街みたい。。。まぁ、せっかくなのでここでもパシャリ。



<Pitt St. Mall >

しかし、ガイドブックにあるダウンタウンの説明って Mall などを多く紹介しているけど、観光客じゃないのでショッピングする程お金に余裕は無く、ほぼ素通り。そんなんなんで、あっさりと観光が終わる。。。まぁ、ショッピングには興味ないし簡単でいっか。 


<Pitt St. Mall 沿いにあるレストラン街>
(「地球の歩き方」に載ってあったので思わず撮影)

レストラン街もあっさりと素通りした後は、NSW州の州議事堂へ。。。



どれだ?



地図を元にキョロキョロしてみると・・・それらしき建物が・・・。
というか。。。小さい・・・し・・・なんだか・・・質素。。。じゃない?
今までカナダの州議事堂を色々見てきたけど・・・随分違うなぁ・・・とシミジミ思いつつも写真をパシャリ。
(ギャラリー参照)

州議事堂の隣には、Sydney Hospital が。かなり古い感じの趣のある建物。こちらもパシャリ。


<Sydney Hospital>

次は病院を通過し、College St. を南に少し行ったところにある、St Mary's cathedral へ。ここの協会はでかい。さっき見た St Andrew's Cathedral  よりも一回り大きい感じ。中も綺麗でいい感じ。


 
<St Mary's cathedral>

ここまで、ゆっくり写真を撮りながら観光し、トータルで4時間。。。ぜぇぜぇ。。。なんだかえらい時間がかかるし、やたらと疲れるぞ・・・。。。足が棒になったので近くの KFC で食事をし本日はモーテルへ撤収。

Sydney って大きい都市だからやっぱり歩きで観光はかなり厳しいと思う今日この頃。。。疲れた・・・。

2005/02/28 (Mon)
オーストラリア ワーキングホリデー生活:10日目

最近、シドニーは涼しくていい感じ。ぐっすり寝て9時半に起床。
とは言え、今日の予定は特になく、一先ず情報基地のインターネットカフェへ。

インターネットカフェでは カフェモカとパンを頼んでゆっくり朝食を。モグモグ。。。


<本日の朝食>

食事を済ませた後は、最近リストアップした物件へがんがん電話する。しかし、どれを聞いてもやはりエアコンが無いとの事。。。う〜〜〜〜む。。。


ところで、今までリストアップした物件数をカウントしてみると、なんと 72件!(゚∀゚)
えらい数電話したもんだ。。。しかも、気に入った物件はわずか4件。。。
(そのうち3件は既に誰かが契約済み)


リストの更新後は特にやる事が無くなったので、メールチェック&物件チェック。
しかし、ここでも進展なし。。。


いきなりやる事無くなった。。。


ま・・・まぁ、そんな日もあるかなと思いつつ、気分転換の為、映画を見る事に。


<George St. にある 映画館>

映画のリストを見てみるも・・・どれも知らない映画・・・と思っていると、「Cellular」がやってる!
これってフォーン・ブースを作った人の映画で、誘拐された人が携帯電話を持った男に助けを求めるというサスペンスもの。さっそく決めてチケット購入。($15)

意外と高いぞ。。。と思いつつ中へ。


<中の売店。ポップコーンだらけ>

中に入った後、まだ時間があったので、ポップコーンとドリンクのセットをゲット。($10)


<$10のセット>

タバコと比べてみれば分かるかと思うけど・・・。



でかすぎ。
こんなん食べれません&飲めません。




上映時間10分前にシアターへ移動。あれ?誰もいない。。。このまま上映時間まで待ってみてもカップルが3組ほど。後は全部空席。



ほとんど貸しきり上体。すばらしぃ。



いざ。上映。。。と携帯へ電話が。しまった切ってなかった・・・。
一旦電話を切り、そのまま外へ言って再度掛けなおす。

プルルルルル。。。「ハーイ。」と陽気な声。今電話があった事を伝えると、先日話にでた会社のHRの方から。”おっ!!”と思いつつ、話を聞いてみると、どうもその会社ではワーキングホリデーからワークビザへの切り替えは難しいらしい。。。残念。



ま、しゃ〜ない、しゃ〜ない。次いってみよ〜。



仕事の話が流れたので、さっそく先日見た物件の不動産屋へ電話をし、明日物件の契約をするアポを取る。この時、「明日の12時半にオフィスへ来てください。時間厳守でお願いします。」との事。
(内心、「お前もな」と思ってしまったのは内緒)



アポゲット後はいざ映画へバック。内容も結構面白く、しかも英語も比較的簡単だった。
この映画はお勧め。機会があればどおぞ。

映画を見終わった後は、家ゲット&仕事残念会でビールをゲットし、モーテルへ撤収。

仕事は残念だったけど、家を見つけられたのが、結構うれしい。

BACK