×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ワーキングホリデー(ワーホリ)と留学 in シドニー・オーストラリア
ワーキングホリデー(ワーホリ)サイトバナー

 Since 19/Feb/2005

 
オーストラリア・ワーキングホリデー(ワーホリ) トップ > 日本の電化製品をオーストラリアで使う
■ 日本の電化製品を使う
 
 オーストラリアの電気について
オーストラリアでは日本と違い240〜250Vで、コンセントの形状もハの字型(Oタイプ)を使用しています。

その為、日本の電化製品を持ってくる場合、変圧器またはプラグが必要になります。ワーキングホリデー(ワーホリ)にしろ学生にしろパソコンやら何かしら電化製品を持ってくると思うので、以下の変圧器とプラグは準備しておく事をお勧めします。

・変圧器
 日本の電化製品(100V)を 240Vの電源に対応させる機械
 ※変圧器にOタイプのプラグが付属していない場合は、別途プラグも購入する必要があります。

・プラグ
 電圧はそのままで、単純にコンセントの形状をハの字型に変換するプラグ
 パソコンのアダプターなどが240V対応の場合は、プラグだけあればOKです。
 大抵はアダプターに100Vのみか240Vまでに対応しているか記載してあります。
<オーストラリアのコンセント> <オーストラリアのコンセント2>

 
 
 変圧器
変圧器と言っても、安いものから高いものまで様々にあります。消費電力(W)が低い変圧器だと使用できる電化製品に制限が出てきます。例えば、20Wの変圧器だと、携帯電話、CDウォークマンなどにしか使用できない為、ワーキングホリデー(ワーホリ)などでオーストラリアに持ってくる荷物によって変圧器を選びましょう。

<消費電力の例>
電気カミソリ:10W
ビデオレコーダー:50W
パソコン:70W
ミニコンポ:100W

ミニコンポをオーストラリアにわざわざ持って行く人は…あまりいないとは思いますが、買う際には、使用する製品の消費電力(W)よりも20%程度を上乗せした変圧器を購入しましょう。なお、管理人は100Wの変圧器を使用していますが、これなら大抵大丈夫です。

  変圧器【全世界対応】【健康と生活応援/フェニックス】

定格容量:240V地域で使用時 120W
本体プラグ:Aタイプ
製品寸法(mm):68×125×45
重さ:460g
価格:7,800円
詳細は画像をクリック

コメント:
プラグが日本のAタイプの為、オーストラリア用の変換プラグを購入する必要がありますが、本体に異常があった場合などに自動的に停止してくれる安全設計なのと120wまで使えるので大抵の電化製品に対応しています。

 
定格容量:240V地域で使用時 35W
本体プラグ:Aタイプ
製品寸法(mm):95x180x45
重さ:300g
価格:2,580円
詳細は画像をクリック

コメント:
35wまでしか使用出来ませんが、安さ重視ならこういった変圧器があります。色々まとめて使いたい場合は100w程度のものにした方がいいかもしれません。こちらもAタイププラグなのでオーストラリア用のOタイププラグを購入する必要があります。
 
 
定格容量:240V地域で使用時 100W
本体プラグ:Cタイプ
製品寸法(mm):58x60x105
重さ:750g
価格:3,477円
詳細は画像をクリック

コメント:
安くて100Wにまで対応しています。難点は重さでしょうか。。
なお、こちらもオーストラリア用のOタイププラグを購入する必要があります。

 
定格容量:240V地域で使用時 200W
本体プラグ:Aタイプ
製品寸法(mm):145x182x72
重さ:1300g
価格:5,480円
詳細は画像をクリック

コメント:
それなりの値段で、200Wにまで対応している優れもの。ただ…1300gと結構重いですが…。タコ足で複数の機器を使いたい場合にはいいかもしれません。
なお、こちらもAタイプの為、オーストラリア用のOタイプのプラグを購入する必要があります。


 
 プラグ
オーストラリアではOタイプのプラグを使用しています。また、海外に旅行によく行く場合などはマルチのタイプなどを1つ持っておくと、今後いちいち買いなおす必要が無いので便利かもしれません。


 
シンプルなOタイプの変換プラグです。
日本の形状(Aタイプ)をオーストラリアの形状に返還します。

管理人もこれを1つ買いましたが、結局1つでは足らなくてオーストラリアで$20だしてマルチタイプも購入したので、1つぐらい余分に持ってきた方がいいかもしれません。

価格:367円 詳細は画像をクリック

マルチタイプの変換プラグです。
これ1つで日本、オーストラリア以外にも世界中の形式に対応します。

結構おもちゃみたいで面白いです。

価格:1,950円 詳細は画像をクリック

 

 

 
 
【オーストラリア&シドニー情報】
オーストラリア 基本情報
│ ├ シドニー
│ ├ シドニー観光マップ
│ ├ シドニーについて
│ └ シドニーの観光
│    ├ パイロンルックアウト
│    └ フィッシュマーケット
オーストラリア 観光情報
オーストラリアの現地エージェント
ホテル・モーテル
ユースホステル・バックパッカーズ
オーストラリア格安現地ツアー
オーストラリア・ワーホリの写真
オーストラリア・ワーホリの動画
 
【ワーキングホリデー基礎知識編】
ワーキングホリデー ビザについて
セカンドワーキングホリデー ビザ
ワーキングホリデーの準備の流れ
ワーホリ・留学エージェントについて
留学エージェント vs 個人手配
みんなのワーホリ体験記
ワーキングホリデーFAQ
 
【ワーキングホリデー準備編】
ワーキングホリデービザの申請
│ ├
ワーホリビザ申請マニュアル(画像版)
│ └
ワーホリビザ申請マニュアル
ワーキングホリデーの資金
ワーキングホリデーのお金を稼ぐ
ワーホリ資金の持ち込み方
ワーホリ出国前の手続きをする
ワーキングホリデーの持ち物
ワーホリ用 航空券の購入
クレジットカードの準備
コンタクトレンズの購入
海外旅行保険の加入

 
【ワーキングホリデー入国編】
オーストラリアへの入国
空港から滞在先へ行く
ワーホリシールビザの取得
在留届の提出
タックスファイルナンバーの取得
  └
タックスファイルナンバー申請マニュアル
 
【ワーキングホリデー住まい編】
ホームステイ・シェア・家を探す
携帯電話の購入
家電・家具の購入
オーストラリアの銀行口座の開設
電話・電気の契約
インターネットを使う
電化製品をオーストラリアで使う
 
【ワーキングホリデー生活編】
オーストラリアのバスの乗り方
オーストラリアの電車の乗り方
シドニーのモノレールの乗り方
食材・日用品の購入
日本・韓国の食材の購入
日本の書籍・雑誌の購入
オーストラリアのタバコを作る
国際電話をかける
英語版PCで日本語を入力する
 
【英語勉強・留学編】
├ ワーキングホリデー前・後の英語
├ 無料で英語を勉強する
オーストラリアの語学学校を探す
├ 英語の勉強(TOEIC470点)
├ 英語の勉強(TOEIC600点)
├ 英語の勉強(TOEIC730点)
├ 英語の勉強(TOEIC860点)
英語の勉強に役立つ教材
 
【アルバイト・就職編】
├ 英文履歴書の作成
├ リファレンス・カバーレターの作成
├ 現地の求人サイトへの登録
├ ワーホリでアルバイトを探す
ピッキングの仕事を探す
├ ワーキングホリデーで就職する
├ 就職するまでの流れ
├ 就職の面接で聞かれる質問
├ 派遣会社・就職情報サイト一覧
帰国後の就職に便利なサイト 
 
【ワーキングホリデー旅行・遊び編】
├ オージーの友達を作る
シドニー ビーチガイド
├ シドニーのビーチに行く
├ ホテル・モーテルを予約する
オーストラリアのビールを購入する
 
【オーストラリア・ワーホリ豆知識】
オージー英単語
オーストラリア・ワーホリの常識
 
【管理人のワーホリ・コラム】
ワーホリ・シドニー生活日記
ワーホリ・シドニー生活履歴
├ 管理人の職探しの戦績
オーストラリアでふと思った事
 
【ワーキングホリデー・留学リンク】
ワーキングホリデーに役立つサイト
ワーキングホリデー・留学サイト
 
 
 Email: ilovcalgary@aol.com

Copy right (C) K.I.S.S All rights reserved.