×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ワーキングホリデー(ワーホリ)と留学 in シドニー・オーストラリア
ワーキングホリデー(ワーホリ)サイトバナー

 Since 19/Feb/2005

 
オーストラリア・ワーキングホリデー(ワーホリ) トップ > ワーキングホリデーFAQ
■ ワーキングホリデーFAQについて
 
【ワーキングホリデー全般】
Q1:ワーキングホリデー(ワーホリ)では何ができますか?
Q2:ワーキングホリデー(ワーホリ)にはいくらぐらい必要ですか?
Q3:ワーキングホリデー(ワーホリ)で1年間働きたいのですが?
Q4:ワーキングホリデー(ワーホリ)が2年間になったそうですが?
Q5:出費を抑えたいので、ビザの申請を自分で行おうかと思っているのですが簡単ですか?
Q6:残高証明を取る必要はありますか?また必要な場合はいくらぐらい残高が必要ですか?
Q7:自分で全て手配するのが不安なので現地のエージェントが知りたいのですが?
Q8:国際運転免許証とは何ですか、また有効期限などは?
【英語関連】
Q1:英語がまったく出来ないのですが大丈夫ですか?
【生活関連】
Q1:海外傷害保険には入っていた方が良いですか?
【仕事関連】
Q1:英語がまったく出来なくても仕事はありますか?
Q2:時給はいくらぐらいですか?
Q3:現地の会社で働いてみたいのですが?

  

 
■ ワーキングホリデー全般
 
 Q1:ワーキングホリデー(ワーホリ)では何ができますか?
ワーキングホリデー(ワーホリ)では、オーストラリア滞在中に語学学校通ったり、現地の会社で働いたり、はたまた旅行三昧をしたりという風に人それぞれ色々な事が出来ます。

 【関連リンク】
 「ワーキングホリデー ビザについて
 
 Q2:ワーキングホリデー(ワーホリ)にはいくらぐらい必要ですか?
これは現地でどのように滞在するかによって代わってきます。ちなみにアンケート結果を見ると、もっとも多いのが60〜90万円のようです。後は現地でバイトなどをして生活費を稼ぐ事で補う事ができます。
 
 Q3:ワーキングホリデー(ワーホリ)で1年間働きたいのですが?
ワーキングホリデー(ワーホリ)では同一雇用主の元で最長3ヶ月しか働く事ができません。なお、バイト先などを変更すればそこからまた3ヶ月働く事ができます。なお、一部のアルバイトでは3ヶ月以上働く事を要求されたり、好んで働いている人もいるようですが、これは違法なので移民局にバレると、その時点で強制退去になるので気をつけましょう。まぁ、バレないかどうかは…運試しでしょう。

 【関連リンク】
 「ワーキングホリデー ビザについて
 
 Q4:ワーキングホリデー(ワーホリ)が2年間になったそうですが?
1回目のワーキングホリデー(ワーホリ)時に政府指定の季節労働を行う事でワーキングホリデー(ワーホリ)を1年間延長する事がでるようになりました。なお、過去にワーホリを行った方でも季節労働を行った証明などが取得できれば再申請する事も出来るようです。ただし、DIMIA(移民局)のサイトは頻繁に更新されるので、延長を考えている方はこまめにチェックしましょう。

  【関連リンク】
 「ワーキングホリデー ビザについて
 「ワーキングホリデー ビザの延長
  
 Q5:出費を抑えたいので、ビザの申請を自分で行おうかと思っているのですが簡単ですか?
このサイトにも申請マニュアルが掲載されているのでそちらを参考にしてもらえればと思いますが、不安な場合や申請時に記載されている英語がまったく理解できない場合は、エージェントなどにビザだけでも申請代行してもらう事を強くお勧めします。ビザの代行費用は5,000円程度なのでそれをケチったばかりにトラブルにあったら、費用を抑えても自分の時間を犠牲にする事になります。費用を抑えたい場合は、費用対効果を考えて、どの部分は自分でやるかを明確にしておきましょう。また、現地のエージェントを利用すると安く済む場合がありますので渡豪後に利用してみるのもいいでしょう。
 
  Q6:残高証明を取る必要はありますか?また必要な場合はいくらぐらい残高が必要ですか?

基本的には必要ありませんが、オーストラリアのDIMIA(移民局)には以下の記述があります。

-----------------------------------------------------
4. Do I need a return ticket?
You are required to possess a return ticket, or sufficient funds for a return fare. You are also required to possess sufficient funds for the initial stages of your holiday. Please be aware that you may be asked to provide evidence of your return airfare and funds on arrival in Australia. Evidence of funds can take the form of bank statements or savings books.
-----------------------------------------------------

詳細な金額は明記されていませんが、帰りの航空券を持っていない場合は、帰りの航空券代および初期費用が必要で、場合によっては残高証明などの提出を求められる事がある旨記載されています。ちなみに、以前DIMIAのページを見た際は、初期費用としては$5,000と記載されていました…が何処かにいってしまったようです。

管理人が入国した際は、上記の残高証明などは提出する必要はありませんでしたが、聞かれるかどうかは担当官などによって変わると思うので、「場合によっては聞かれる事もある」という事を覚えておいた方が良いでしょう。
  

 Q7:自分で全て手配するのが不安なので現地のエージェントが知りたいのですが?
オーストラリア全土の現地エージェントのリンク集を作成してあります。管理人のお勧めエージェントもありますので、知りたい方は「オーストラリアの現地エージェント」をどおぞ。
 
 Q8:国際運転免許証とは何ですか、また有効期限などは?
国際運転免許証とは日本の免許を持っている方が海外の免許証を持たなくとも海外で1年間運転ができる用にする免許です。なお、オーストラリアの場合、州により異なりますが、例えばNSW州の場合だと永住権保持者は3ヶ月まで、ワーキングホリデー(ワーホリ)・学生ビザの方は1年間有効です。なお、1年以内に一時帰国する方の場合は日本に帰国した際に新しい国際運転免許証を取得すればそこから1年間有効です。(・∀・)イイ

※この3ヶ月、1年間というのはエージェントの方も誤解している方が多いですが、NSW州のRTAのサイトを見ると、上記件が記載されています。

なお、オーストラリアの免許へ書き換えたい方は、書き換えた際に日本の免許証にパンチ(穴あけ)される場合があり、それをやられると日本の免許証が公文書偽造で無効になってしまうので注意が必要です。なので、現地で書き換える際は日本の免許証に裏書(endorse)する様に強く言わないと、日本に帰ってきてから外国の免許証から書き換える必要が出てきます。(というか、強く言ってもオージーなので穴あけしてくるとは思いますが。。。)

ちなみに、連帯率がどのぐらいかと言うと。。。周りの方に聞いた所ではみんな穴あけされてました。。。 
 
■ 英語関連
 
 Q1:英語がまったく出来ないのですが大丈夫ですか?
エージェントは客を集める商売なのでエージェントに聞くと大抵は「大丈夫」と言われると思います。確かに英語が出来なくても「生活」する事は出来ます。ただし、現地で友達を作ったり、現地のお店でバイトしたりと、出来るだけ「日本人が外国で生活する」事ではなく「現地で生活する」事をしたいのであれば、当然現地の言葉である「英語」ができないと話しになりません。なので、準備期間中にある程度は頑張ってくる事をお勧めします。

 【関連リンク】
 「英語の勉強(TOEIC470点)
 「英語の勉強(TOEIC600点)
 「英語の勉強(TOEIC730点)
 「英語の勉強(TOEIC860点)
 「英語の勉強に役立つ教材
 
 
■ 生活関連
 
 Q1:海外傷害保険には入っていた方が良いですか?
オーストラリアでの医療費はとても高いので必ず加入しましょう。なお、AIUなどのように日本からしか加入できない保険と現地についてから加入できる保険の2種類があります。また、保険は各会社によって金額(プラン)が異なるので色々な会社に問い合わせてみましょう。

 【関連リンク】
 「海外旅行保険に加入する
 
 
■ 仕事関連
 
 Q1:英語がまったく出来なくても仕事はありますか?
英語がまったく出来なくても日本食レストラン・日本人向けのお土産屋、ツアーガイドなど様々なバイトがあります。ただし当然ながら出来た方が圧倒的に有利で、また現地系の方が給料が高い場合が多いです。なお、英語がまったく出来ない場合は現地での仕事は難しいでしょう。
 
 Q2:時給はいくらぐらいですか?
日系のお店だと$8〜12ぐらいで、現地だと$15〜25ぐらいです。現地だと当然ながらある程度は英語が出来る必要がありますが、現地の会社でも日本語を必要とする仕事は沢山あるのでワーキングホリデー(ワーホリ)中に色々チャレンジしてみると良いでしょう。

 【関連リンク】
 「ワーホリでアルバイトを探す
 

 Q3:現地の会社で働いてみたいのですが?
ぶっちゃけ出来ます。が、気合が入るのも事実です。。まずは英語力。これは確実に必要です。また、面接に受かるのも大変、入ってからも大変な事が多いですが、その分給料が良かったり、仕事で英語を使う事が出来るのでとてもいい経験になります。

 【関連リンク】
 「ワーキングホリデーで就職する

 

 
 
 
【オーストラリア&シドニー情報】
オーストラリア 基本情報
│ ├ シドニー
│ ├ シドニー観光マップ
│ ├ シドニーについて
│ └ シドニーの観光
│    ├ パイロンルックアウト
│    └ フィッシュマーケット
オーストラリア 観光情報
オーストラリアの現地エージェント
ホテル・モーテル
ユースホステル・バックパッカーズ
オーストラリア格安現地ツアー
オーストラリア・ワーホリの写真
オーストラリア・ワーホリの動画
 
【ワーキングホリデー基礎知識編】
ワーキングホリデー ビザについて
セカンドワーキングホリデー ビザ
ワーキングホリデーの準備の流れ
ワーホリ・留学エージェントについて
留学エージェント vs 個人手配
みんなのワーホリ体験記
ワーキングホリデーFAQ
 
【ワーキングホリデー準備編】
ワーキングホリデービザの申請
│ ├
ワーホリビザ申請マニュアル(画像版)
│ └
ワーホリビザ申請マニュアル
ワーキングホリデーの資金
ワーキングホリデーのお金を稼ぐ
ワーホリ資金の持ち込み方
ワーホリ出国前の手続きをする
ワーキングホリデーの持ち物
ワーホリ用 航空券の購入
クレジットカードの準備
コンタクトレンズの購入
海外旅行保険の加入

 
【ワーキングホリデー入国編】
オーストラリアへの入国
空港から滞在先へ行く
ワーホリシールビザの取得
在留届の提出
タックスファイルナンバーの取得
  └
タックスファイルナンバー申請マニュアル
 
【ワーキングホリデー住まい編】
ホームステイ・シェア・家を探す
携帯電話の購入
家電・家具の購入
オーストラリアの銀行口座の開設
電話・電気の契約
インターネットを使う
電化製品をオーストラリアで使う
 
【ワーキングホリデー生活編】
オーストラリアのバスの乗り方
オーストラリアの電車の乗り方
シドニーのモノレールの乗り方
食材・日用品の購入
日本・韓国の食材の購入
日本の書籍・雑誌の購入
オーストラリアのタバコを作る
国際電話をかける
英語版PCで日本語を入力する
 
【英語勉強・留学編】
├ ワーキングホリデー前・後の英語
├ 無料で英語を勉強する
オーストラリアの語学学校を探す
├ 英語の勉強(TOEIC470点)
├ 英語の勉強(TOEIC600点)
├ 英語の勉強(TOEIC730点)
├ 英語の勉強(TOEIC860点)
英語の勉強に役立つ教材
 
【アルバイト・就職編】
├ 英文履歴書の作成
├ リファレンス・カバーレターの作成
├ 現地の求人サイトへの登録
├ ワーホリでアルバイトを探す
ピッキングの仕事を探す
├ ワーキングホリデーで就職する
├ 就職するまでの流れ
├ 就職の面接で聞かれる質問
├ 派遣会社・就職情報サイト一覧
帰国後の就職に便利なサイト 
 
【ワーキングホリデー旅行・遊び編】
├ オージーの友達を作る
シドニー ビーチガイド
├ シドニーのビーチに行く
├ ホテル・モーテルを予約する
オーストラリアのビールを購入する
 
【オーストラリア・ワーホリ豆知識】
オージー英単語
オーストラリア・ワーホリの常識
 
【管理人のワーホリ・コラム】
ワーホリ・シドニー生活日記
ワーホリ・シドニー生活履歴
├ 管理人の職探しの戦績
オーストラリアでふと思った事
 
【ワーキングホリデー・留学リンク】
ワーキングホリデーに役立つサイト
ワーキングホリデー・留学サイト
 
 
 Email: ilovcalgary@aol.com

Copy right (C) K.I.S.S All rights reserved.