×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ワーキングホリデー(ワーホリ)と留学 in シドニー・オーストラリア
ワーキングホリデー(ワーホリ)サイトバナー

 Since 19/Feb/2005

 
オーストラリア・ワーキングホリデー(ワーホリ) トップ > ワーキングホリデー(ワーホリ)ビザの延長
■ セカンド・ワーキングホリデー・ビザについて

【セカンド・ワーキングホリデー・ビザ概要】

ワーキングホリデー(ワーホリ)ビザは原則1年間のみという制限がありますが、オーストラリアの場合、2005年11月1日以降、最初の1年目に政府指定の地域で3ヶ月間季節労働をする事でワーキングホリデーをもう1年延長する事ができるようになりました。延長を希望する方は、インターネットまたは書面の郵送で申請を行う事が出来ます。なお、これは2005年11月以前にワーキングホリデー(ワーホリ)で入国・滞在した方も対象となっています。

なお、2度目のワーキングホリデービザの申請は、オーストラリア国外のどこからでも可能で、1度目のワーキングホリデービザの条件となるビザ申請場所の制限(日本からのみ)は2度目の申請には適用されません。

【季節労働について】
季節労働は政府指定の地域でする必要があり、Sydney, Newcastle, Wollongong, the NSW Central Coast, Brisbane, the Gold Coast, Perth, Melbourne, the ACT での労働は季節労働とみなされないので注意しましょう。季節労働の探し方は別途「
ピッキングの仕事を探す」を参照して下さい。

【既に過去に季節労働を行った場合】
過去に季節労働をされた方で延長したい場合や、以前ワーキングホリデー(ワーホリ)で来て既に日本に帰国したが、その時に季節労働をされた方で延長されたい場合は、給与明細や納税証明書(Tax Return)などの証明できる書類があれば延長を認めてもらえます。

【Tax Returnについて】
上記に記載したTax Returnは原則的には税務上の居住者で年間の所得が6,000ドル以上を超える場合、または非居住者で、年間の所得が1ドルでもあればワーキングホリデーの方でも申告する必要があります。なお、税務上の居住者か非居住者かはATOのサイトのコチラから確認する事が出来ます。(実際行っている人は殆どいないようですが…)
 
 
■ セカンド・ワーキングホリデー・ビザの延長
セカンド・ワーキングホリデー・ビザの延長に関しての申請条件は以下の通りです。
 
■ セカンド・ワーキングホリデー・ビザの申請条件など
【申請条件】
・申請時に18歳から30歳である事
・子供がいない事
・最低3ヶ月の間政府指定地域で季節労働に従事した証明を提出できる事

【備考】
・セカンドワーキングホリデービザの制限(就学・就労など)は基本的にワーキングホリデービザと同様
・季節労働とは、果物・野菜・穀物などの収穫、ブドウなどの収穫、および穀物のメンテに関わる作業
・オーストラリア指定の季節労働は www.jobsearch.gov.au/harvesttrail から検索可能
・問い合わせは
eVisa.WHM.Helpdesk@immi.gov.au に英語にて送る事で可能
・申請はオーストラリア国内・国外から可能
・ボランティアやファームステイも季節労働として許可される

【注意事項】
・畜産業や畜産物に関する労働、真珠採取、えびの採取または酪農業は対象外
 
 
■ セカンドワーキングホリデー ビザの申請方法
【インターネットからの申請】
初回のワーキングホリデービザ申請時と同様に、
オーストラリア大使館のワーキングホリデービザの申請から「ワーキングホリデー ビザ」のメニューから行えます。

【書面での申請】
書面での申請を希望する場合はDIMIAから以下の2つの申請書類を入手して必要事項を記入し、HobartのHobart Global Processing Center (HGPC)に送付する事で申請が可能です。

ワーキングホリデー申請用紙:「Form 1150 Application for a Working Holiday visa
季節労働の証明用紙:「Form 1263 - Working Holiday Visa: Employment Verification

送付先:
GPO Box 1496
Hobart, Tasmania 7001, Australia
 
 
■ 季節労働の証明書について
季節労働の証明をするにあたり以下の書類を準備する必要があります

Form 1263 - Working Holiday Visa: Employment Verification」 への記入
 上記には、雇用主、就労期間、就労場所の詳細と、雇用主からの署名が必要です

既に帰国されている場合や、以前に季節労働を行ったので雇用主にForm 1263を記入してもらう事が難しい場合は以下のどれかの書類が必要になります。また、複数必要になる場合もあると思うので、出来る限りの書類を揃えた方が良いでしょう。

・納税証明書(Tax Return, Group Certificate)
・給与明細書
・雇用主からのリファレンス
  

 

 ■ 管理人の一言
セカンドワーキングホリデービザの申請は「3ヶ月の間季節労働」をする事が必要です。延長を希望する方は「ピッキングの仕事を探す」を見てピッキングの仕事に就きましょう。
 

 
 
【オーストラリア&シドニー情報】
オーストラリア 基本情報
│ ├ シドニー
│ ├ シドニー観光マップ
│ ├ シドニーについて
│ └ シドニーの観光
│    ├ パイロンルックアウト
│    └ フィッシュマーケット
オーストラリア 観光情報
オーストラリアの現地エージェント
ホテル・モーテル
ユースホステル・バックパッカーズ
オーストラリア格安現地ツアー
オーストラリア・ワーホリの写真
オーストラリア・ワーホリの動画
 
【ワーキングホリデー基礎知識編】
ワーキングホリデー ビザについて
セカンドワーキングホリデー ビザ
ワーキングホリデーの準備の流れ
ワーホリ・留学エージェントについて
留学エージェント vs 個人手配
みんなのワーホリ体験記
ワーキングホリデーFAQ
 
【ワーキングホリデー準備編】
ワーキングホリデービザの申請
│ ├
ワーホリビザ申請マニュアル(画像版)
│ └
ワーホリビザ申請マニュアル
ワーキングホリデーの資金
ワーキングホリデーのお金を稼ぐ
ワーホリ資金の持ち込み方
ワーホリ出国前の手続きをする
ワーキングホリデーの持ち物
ワーホリ用 航空券の購入
クレジットカードの準備
コンタクトレンズの購入
海外旅行保険の加入

 
【ワーキングホリデー入国編】
オーストラリアへの入国
空港から滞在先へ行く
ワーホリシールビザの取得
在留届の提出
タックスファイルナンバーの取得
  └
タックスファイルナンバー申請マニュアル
 
【ワーキングホリデー住まい編】
ホームステイ・シェア・家を探す
携帯電話の購入
家電・家具の購入
オーストラリアの銀行口座の開設
電話・電気の契約
インターネットを使う
電化製品をオーストラリアで使う
 
【ワーキングホリデー生活編】
オーストラリアのバスの乗り方
オーストラリアの電車の乗り方
シドニーのモノレールの乗り方
食材・日用品の購入
日本・韓国の食材の購入
日本の書籍・雑誌の購入
オーストラリアのタバコを作る
国際電話をかける
英語版PCで日本語を入力する
 
【英語勉強・留学編】
├ ワーキングホリデー前・後の英語
├ 無料で英語を勉強する
オーストラリアの語学学校を探す
├ 英語の勉強(TOEIC470点)
├ 英語の勉強(TOEIC600点)
├ 英語の勉強(TOEIC730点)
├ 英語の勉強(TOEIC860点)
英語の勉強に役立つ教材
 
【アルバイト・就職編】
├ 英文履歴書の作成
├ リファレンス・カバーレターの作成
├ 現地の求人サイトへの登録
├ ワーホリでアルバイトを探す
ピッキングの仕事を探す
├ ワーキングホリデーで就職する
├ 就職するまでの流れ
├ 就職の面接で聞かれる質問
├ 派遣会社・就職情報サイト一覧
帰国後の就職に便利なサイト 
 
【ワーキングホリデー旅行・遊び編】
├ オージーの友達を作る
シドニー ビーチガイド
├ シドニーのビーチに行く
├ ホテル・モーテルを予約する
オーストラリアのビールを購入する
 
【オーストラリア・ワーホリ豆知識】
オージー英単語
オーストラリア・ワーホリの常識
 
【管理人のワーホリ・コラム】
ワーホリ・シドニー生活日記
ワーホリ・シドニー生活履歴
├ 管理人の職探しの戦績
オーストラリアでふと思った事
 
【ワーキングホリデー・留学リンク】
ワーキングホリデーに役立つサイト
ワーキングホリデー・留学サイト
 
 
 Email: ilovcalgary@aol.com

Copy right (C) K.I.S.S All rights reserved.